木工製品 木のボタン

ここしばらく木工部は「「丸い形」がお気に入り。最新作は木のボタン。
a0143814_21311328.jpg
材質は、写真右上から白っぽいのがトチ、真ん中がミズメサクラ、一番下黒っぽいのがブラックウォールナット。


それぞれを並べてみると微妙な形の違いがわかります。
a0143814_21313132.jpg
大きさはおおよそですが直径15㎜、長さは約5㎝。中央のボタン穴の直径は4㎜。

この形のボタンと言えばダッフルコートを思い出します。
検索すると、フロントを浮き型の留め具(トグル(toggle)と対になるループ数組で止める。ボタンとは違い手袋をしたまま服を脱着衣出来るのが特長。  だそうです。
もともとは第二次世界大戦時にイギリス海軍で防寒着として広く使用、大戦後その余剰在庫品が市場に出回ったことで一般化した。
と歴史も分かったり、ボタン1つでも調べるとちょっと面白い。


デザインフェスタに向けていくつかまとめて製作中。
a0143814_21315034.jpg
が、こんな風に一緒くたにすると・・・なんか虫っぽい(>_<;)・・・イヤ~


皮革担当の管理人としてはこの木のボタンを使用した小物を作製中。
次回発表予定〜(*^_^*)
by FHMO-DESIGNS | 2012-04-25 22:07 | 木工製品 | Comments(0)
<< デジカメケース焦げ茶色 木のボ... 青空個展 赤坂氷川神社に参加 >>