手縫い道具いろいろ

片づけがいつまでたっても終わらず、気が付いたらもうこんな時間。(~_~;)う…
日頃からまめにやっていれば良いのでしょうが、ついつい後回しになり結局は怒濤の大掃除なのでした。


と言う事で、今回は日頃使用している手縫い道具の一部をご紹介。ホントにごく一部です。
最初は革を切る物、革包丁3種に彫刻刀と細身のカッター。
a0143814_22515567.jpg
最近のマニュアル本には革包丁はそんなに必要では無い、と書かれていたりしますが慣れると便利だと管理人は思います。


切るの次は刺すの千枚通し。先端が鋭いのは左の小さいの。中央はかなり丸くしてあります。右は押さえたり印をつけたり綿を入れたりと使い勝手が良いヘラ型。
a0143814_22524040.jpg
実はこれ、百均のたこ焼き返し。本来の使い方からはだいぶ離れてますが個人的にはとても便利。
でも力を入れると曲がりやすいの…って、違う使い方して文句言うなと(^_^;)


針と蜜蝋ワックス。右の3つの違いは使用過程。だんだん汚れて小さくなるのでした。
a0143814_22531237.jpg
a0143814_22521456.jpg
大は目打ちたたき用。小さいのは形付け用。この2本を使い分けてます。


そしてもっとも重要な縫い目を作る目打ち。最初は大きめの6mmピッチ3種。
a0143814_22535837.jpg
左端の6目タイプは大昔に購入した物ですが今は販売されていないので貴重品になってます。


a0143814_22542338.jpg
こちらは5mmピッチ。バッグや小物に使用。管理人的には一番良く使ってます。


a0143814_2255141.jpg
次は4mmピッチ。財布や大きめのカエル等糸目を小さくしたい時に使用。


a0143814_22544434.jpg
そしてさらに小さい3mmピッチ。小さいカエルに使用しています。この先の細さが微妙なラインを出してくれます。


試行錯誤しているうちにいつの間にかこんなに目打ちがいっぱい。時間と手間はかかりますが、やっぱり楽しい手縫いの魔力。魅力ではなくて魔力。

そしてもう明日は今年最後の日、大晦日。2015年もたくさん作り物をしたいと願う管理人でした。
皆様良いお年をお迎え下さい。
by FHMO-DESIGNS | 2014-12-30 23:41 | 革製品 | Comments(0)
<< 2015 謹賀新年 茶色いカエルに茶色のベルト >>