人気ブログランキング |

2019年 03月 24日 ( 1 )

久々の紙人形

かねてから考えていた紙製栞のワークショップパターンできました。


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


もともとは母が作っていた千代紙製の栞。
半襟や少しのぞく着物の裏地の見え方等、とても細かい。
a0143814_12030347.jpg
そこで、そのイメージも踏まえつつ、新しくポーズパターンを考えました。
上の写真・右は従来型、左は新作。動きがある!


以前から紙人形のワークショップを、と言われていたのですが、なかなかタイミングが合わず伸び伸びに。
でも今回、海外を意識してあれこれ工夫して試作。
その試作品、6体まとめて揃い踏み!
a0143814_12010199.jpg
袖と裾に折込を入れるとこんなにも「動いている」感が満載に。
a0143814_12014797.jpg
着物と帯はそれぞれ千代紙を使用。芯も少し柔らか目の紙を使用して加工しやすくしました。
鶴をお供に散歩?
a0143814_12012959.jpg
赤地に花柄で金箔入の千代紙を使うと「お嬢様」感ハンパない。
a0143814_12013422.jpg
お供の鶴も「従えてます」感いっぱい・・・(^_^;)金持ちやね〜

a0143814_12011323.jpg
単色を表にして帯を柄物にするパターン。
同じ柄を裾の見返しにしたり、花を単発で持たせるのも良し。
a0143814_12012027.jpg
でも、赤って威圧感があるので「ねえさん」感が出たような・・・


ポーズが決まり完成したら、透明の袋に入れてお渡しします。
a0143814_12273027.jpg
写真では良くわからないですが、中に0.2mmのプラ板入っています。
そこに糊付けして固定させる予定。


さてさてこのワークショップ、どうなるでしょうか?
まだまだ工夫&改良します(^_^;)頑張る〜

by FHMO-DESIGNS | 2019-03-24 12:37 | 布&紙製品 | Comments(0)