人気ブログランキング |

タグ:ワークショップ ( 50 ) タグの人気記事

簡単なのに本格的ながま口ワークショップ

いよいよ明日・明後日にせまったデザフェス。
a0143814_19303152.jpg
が、土壇場まで作業している管理人。いやはや・・・(;´∀`)


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。



今回はこちら、小さな6cmから大きい18cmまで5パターンをご用意しました。
a0143814_16122410.jpg
管理人は「革でつくる簡単なのに本格的がま口」のワークショップ。
大きさの順に仕様を解説していきます。


今回の一番小さなタイプ、サイズは直径6cm。口金の色は銀色と黒をご用意してます。
a0143814_16165033.jpg
指輪やピアスなどを外した時の収納に便利。(温泉とか洗面とか?)
ポケットや財布に入れると見失いがちなピアスなどの小物もこれに入れれば安心。
a0143814_16162109.jpg
写真は指輪とパールピアス入れました。簡単な作りですが、口元はしっかり。



試しに¥500玉を入れた水色は使用例、下の黒は実際に4枚入れてます。
a0143814_16163639.jpg
¥2,000あれば財布を忘れたときに役立つ!かも。



その2、印鑑やリップケースに使える四角いタイプの口金は巾10cm。
a0143814_16235104.jpg
上の写真の中味はリップクリームと印鑑&ミニ朱肉。実際の中味はこちら。
a0143814_16235875.jpg
写真右の中が紺色バックで見にくいですが、ちゃんと朱肉入れてます。



その3、以前からご紹介しているクルクル目玉のがま口。
管理人オリジナル、ロゴ入り口金(8cm)を使用。
a0143814_16311806.jpg
小さ方は¥500玉4枚でしたが、こちらはなんと10枚!!
ホントにそんな使い方をするかどうかですが、両方とも実際に入れてます。



その4は、2と同じ四角い口金を使用したカード入れ。全体を長くしてカードや名刺に対応。
a0143814_16395114.jpg
サイドはこぼれ止めの金具を止めているので小銭入れにもお使いいただけます。
a0143814_16402212.jpg
カードならば10〜15枚、お札は三つ折りで収納可。



そしてその5、素材からして存在感がある大きな18cmの口金を使用したペンケース。
a0143814_16445597.jpg
しっとりした東京製のなめし革を使用した本格派。写真は焦げ茶色と銀色。
a0143814_16450150.jpg
ペンケースなので普段使いそうなマジックやボールペンやマーカーなど太めを4本入れてます。
a0143814_16500872.jpg
色は金色・銀色・焦げ茶色、エンボス加工でネコロゴ入れました。



まだまだ作業山盛りですが、ぜひ皆様にお楽しみいただきたいと心から思う管理人。
東京ビッグサイト西ホールC-33,34にいます。
a0143814_19270586.png
よろしくお願いしま〜す\(^o^)/



by FHMO-DESIGNS | 2019-05-17 17:19 | 出展関係 | Comments(0)

海モノいろいろ 木のくるま

木工部から海の生き物が届きました。
こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。



小さな目の表情がかわいいシロナガスクジラとマッコウクジラ。
a0143814_09080018.jpg
口元のカーブと視線の合い方に「お話し」感がいっぱい。え?気のせい?



先日住宅展示場で行った「木のくるまの色塗りワークショップ好評です!」と嬉しいお言葉が届きました。
そして、「海のいきものはいますか?」と言われ探してみると・・・イルカ・クジラ・サメを発見。
ホントにいろいろ作ってますね〜。
a0143814_09053701.jpg
色塗りワークショップ用なのでみんな少し顔つきをかわいくしてます。
a0143814_09163828.jpg
イルカは口が無くてもカワイイけれど、サメは口がある方がサメっぽい。



これらは試作品なので最終的に体はもう少し長いバランスになるそうな。
でもコロコロしたデザインもかわいい。



ちなみに海つながりでこんな恐竜系もいました。
a0143814_09061801.jpg
かなりマニアックな形でモササウルスとかクロノサウルスとかチロサウルス。
a0143814_09063695.jpg
微妙に違うこの形、些細な違いも子どもたちはすぐに見分けるのですよね。
a0143814_09060500.jpg
口の開き具合と口元の上がり具合が個体の違いです。



どんな色がつけられどんな生き物に生まれ変わるのか楽しみです。
海モノワークショップは6月予定。また詳細が分かりしだいお知らせします。



そして今はデザフェスに向けて鋭意努力中な管理人なのでした。
またね~

by FHMO-DESIGNS | 2019-05-13 09:50 | 木工製品 | Comments(0)

5月18、19日はデザインフェスタ

来週末開催されるデザインフェスタvol.49に参加します。
a0143814_19303152.jpg
こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


日時は5/18(土),19(日)で時間は11時〜19時。


デザインフェスタの詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。

今回でなんと49回目!
こんなに回数を重ねられるだけ出展者と来場者が多いという事ですね。
ここ数年はあまりにも出展希望者が多いので、抽選で選ばれないと出展出来ない状態。
管理人も複数回落ちてます。


さてさて、管理人たちはワークショップと販売を行います。
全体図で見ると場所はこちら↓赤い吹き出しのところ。
a0143814_19271432.jpg
入り口エスカレーターを降りてショーステージ脇を進んだ裏「C」ブース。
a0143814_19265377.png
アップにするとこんな感じ。入り口から進んだ4列目の真ん中。
a0143814_19270586.png
「C-33,34」2つのスペースで木工&皮革でそれぞれレイアウト予定。


木工部はいつもの木のくるま。
恐竜や動物たち、さらに新たな形も計画中。
a0143814_17055778.jpg
男の子の大好きな恐竜もいっぱい。



さらに、ありそうで無かった「千代紙栞」も考えています。
a0143814_12030347.jpg
好きな紙を選んで右側の真っ直ぐタイプを作ります。


皮革は簡単なのに本格的ながま口各種。
次回はサンプル写真をアップ予定。頑張るのだ〜

by FHMO-DESIGNS | 2019-05-07 20:06 | 出展&ワークショップ | Comments(0)

小雨の中でも力作ぞろい

元号が変わる直前のワークショップは「雨」でした。
a0143814_09565864.jpg
テントに貼り付けた看板のはためき具合で風の強さをお察しください(T_T)


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


そんな肌寒〜い武蔵小杉住宅展示場の催し物に初参加。
a0143814_09543660.jpg
住宅展示場なので当たり前ですが、ホントにきれいなお家がいっぱい。


これは三井ホームさんのショールームにお邪魔した恐竜たちの図。
a0143814_09564091.jpg
温室や飛行機に近づく恐竜? あの映画でこんなシーンあったかも?!
a0143814_09545982.jpg
普通にインテリアに溶け込み違和感なし! 出張要請大歓迎いたしま〜す\(^o^)/



さてさて、今回は各メーカーのモデルハウスを内覧して参加チケットを貰い「木のくるま」「化石の掘り出し」「段ボールで組み立てるペーパークラフト恐竜」を回るというもの。



恐竜が大好きな子どもたちは当然3箇所の全制覇を目指すので少なくとも各家族、3社は訪れないともらえません。



少し肌寒い中参加してくれた子どもたちの力作をご紹介いたします。
a0143814_10083112.jpg
ひと目見るなりこれが良いと握りしめた口開けのワニ。
a0143814_10082663.jpg
両面で鮮やかな色使い。タイヤはお母様が担当。見事なマッチングです。



こちらは年小さんということなので、4歳くらい?
a0143814_10091355.jpg
片側はオレンジで片側は多色使い。お母様の協力を断りすべて自分一人で完成。
a0143814_10090213.jpg
大胆な色使いで満面の笑みですが、自主規制で写真は口元だけ。


こちらは年長さん、きっちり3色に色分けされているところが年上な感じ。
a0143814_11154573.jpg
目の周りの黄色い縁取りも自分で描きました。
a0143814_10094855.jpg
裏表を揃え縁取り部分は木目のまま残すセンスが光ります。



こちらも年長さん。小学校前になると色分けのバランスがくっきりしてくる。
a0143814_11201582.jpg
フランス国旗的な3色使いのトリケラトプス。
a0143814_11200759.jpg
紺色と赤の入り具合が好き。


小学校中学年くらいになると女の子らしいセンスがキラリと光る。
a0143814_10095615.jpg
星やハートに花模様を入れたり縁取りにピンクの水玉を入れたり。
a0143814_10094313.jpg
まつ毛の表現もかわいらしさ全開。


色塗りは子どもたちの年齢ごとの違いがわかりとても興味深い。


いよいよ5月半ばはデザインフェスタ。
革のワークショップもあるのでその準備に取りかからないと。


頑張る〜(;´∀`)

by FHMO-DESIGNS | 2019-05-02 12:02 | ワークショップ | Comments(0)

力作ぞろいなぎょうだワークショップ!

こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


前回からの続き「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」で描かれた子供たちの素晴らしい作品のご紹介!


はじめは男の子たち。
こちらは年の頃は小学校前くらいでしょうか。
紫色&黄色のワニ。ママが「恐竜が良いでしょ」と勧めても「ワニがいい!」と厳選した口開けタイプ。
a0143814_11323978.jpg
反対側の色はピンク。迷うこと無く握りしめて選んだの配色です。
a0143814_12313941.jpg
くっきりときれいに塗られたタイヤはママ作ですが、前後の指定は本人。



水色ボディに黒とグレイがアクセントは同じく小学校前な男の子。
a0143814_11353521.jpg
裏表で目の表情がちょっと違う。指先の差し色の黒がまたかわいい。
a0143814_11352736.jpg
パキケファロサウルスなのでしょうか?今度木工部に聞いてみる。


くっきり色分けされ口を開けたティラノサウルス。これも小学校前の男の子。
a0143814_12185059.jpg
バラバラに塗っていますが、それぞれに規則性がありバランスが絶妙。
これぞ「子供の感性!」な配色です。



こちらの紫色のウサギはやはり小学校前な男の子。
a0143814_11294816.jpg
ママに上塗りしてもらいきれいに塗られて嬉しそうでした。
a0143814_11295587.jpg
大胆な紫色一色。
そういえば今回紫色で塗る子供たちが多かったような気が。流行りなのでしょうか?


このくるまも小学校前の男の子。◎の入れ方が大胆で好き。
a0143814_11340590.jpg
最初に緑色で地塗りをしてその上から
a0143814_11335889.jpg
タイヤの位置もご指定で、「画伯な」色分けがステキ。


次は女の子たち。
これは小学校くらいの女の子ですが、やはり片面は紫色で地塗り。
a0143814_11305549.jpg
反対側は白地にピンクの花柄。年齢が少し上になると構成力が出てきます。
a0143814_11315436.jpg
星★模様と花✿模様で構成。


女の子たちに人気のユニコーン。こちらは小学校の高学年くらいの女の子。
a0143814_11341942.jpg
高学年になると塗り方も色のバランスもしっかり。
a0143814_11341285.jpg
目の入れ方がかわいい。


お友だちが作っているのを見て、単品のウサギにも色付けしたいと言う女の子が一緒に色塗り。
a0143814_15001416.jpg
縁取りは黄色にしてピンクと緑色。耳の色使いが黄色と水色でアクセント。
a0143814_15000052.jpg
色塗りワークショップは見ているこちらがとても勉強になります。
なんでもありな動物の色塗りです。


自由な発想で思い思いに作る木のくるまワークショップ。
4月30日(火)にも川崎市の武蔵小杉で行います。
お時間の合う方はどうぞお越しくださいませ。



by FHMO-DESIGNS | 2019-04-25 15:16 | ワークショップ | Comments(0)

4/20,21行田のこと

初参加の行田イベントは二日間晴天に恵まれ楽しく過ごせました。


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。
少しですが、落ち着いた街の風景をご紹介。


これは朝の搬入風景。風情がある「牧禎舎」の日本家屋と中庭。
a0143814_13270679.jpg
染色体験も行っている水場を通った先に会場があります。
a0143814_13271185.jpg
巨大な真っ赤な足袋。入ってすぐにあったのでびっくり。
a0143814_13533972.jpg
会場はもと足袋縫製工場で、白壁の建物内は明るくて広くなんとなく落ち着く。
写真は午後の会場風景。
a0143814_13272971.jpg
「足袋」「行田」と、どこかで聞いたような・・・と思ったらこれ、「陸王」でした。
a0143814_13263144.jpg
ロケ地マップや城跡など詳しく解説。ロケで実際に走った公園や撮影に使われた街なかとか。
a0143814_13265895.jpg
解説等をたくさん入れて楽しさアップ!あなたもあの若手No1になれる、かも?
a0143814_13275062.jpg
会場近くには代官所跡の石碑や解説が点在。
a0143814_13391980.jpg
建築年代は不明らしいですが、この立派な蔵は明治以前から足袋を保管するのに使用されたとか。
a0143814_13412905.jpg
こちらは「足袋とくらしの博物館」。やはり元は工場だったとか。
a0143814_13415645.jpg
博物館の反対側には鳥居。いたるところに歴史のあるものがいっぱい。
a0143814_13422870.jpg
そして「木の車」を持っていただいたのは忍城(おしじょう)おもてなし甲冑隊さん!
a0143814_13513448.jpg
行田市観光PR隊は元号に合わせて新体制になるとか。この衣装素敵!
a0143814_13534729.jpg
お披露目会は5月4日さきたま火祭り特設ステージ。


今回は「着物の方特典」もあったので和服姿の方がたくさんいらっしゃいました。
帯の花模様と着物の色がとても素敵な方も。
a0143814_14014066.jpg
こちらの人力車は趣味で製作したとおっしゃっていましたが、小ぶりながらとても立派。
a0143814_14021948.jpg
「見よう見まね」と言いつつ細部にいたるまで本格的な作り込み。
なので普通に市内観光で使用してました。趣味は大事!


以上、ざっくりな行田報告でした。
子供たちの力作、作品紹介は次回ご紹介いたしま〜す(^^ゞ


by FHMO-DESIGNS | 2019-04-22 14:37 | 出展関係 | Comments(0)

今月のイベントのこと

日本に戻ったらとたんに雑務に追われ更新が・・・


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


イベントのお知らせをいくつか。


一つ目は明日にせまった「第15回ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」。
足袋の街で様々な歴史体験が楽しめる!


チラシの写真にもありますが、ボンネットバスや人力車が走るとか。
a0143814_11183481.jpg
行田の蔵をめぐりながらのお散歩がてら?に街をお歩きください。


街歩きスタンプラリーもあります!詳しくはこちら

管理人たちは足袋蔵の「牧禎舎(まきていしゃ)」2階、ART&CRADTコーナー。
イートインコーナー手前のスペース「K」にいます。
a0143814_14294181.jpg
木工と革のワークショップやっておりま〜す\(^o^)/


さてさて、さらに今月末にも木工の恐竜ワークショップがあります。
詳細ページはこちら

住宅展示場という形は初めて参加なので詳細はまた。


よろしくお願いいたしますm(_ _)m

by FHMO-DESIGNS | 2019-04-19 14:50 | 出展関係 | Comments(0)

行田のお知らせ

4月21(土)、22(日)開催の正式チラシが来ました。中央に足袋のロゴが!
a0143814_11183481.jpg

こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


歴史あるぎょうだの街並みを散歩してみませんか?
「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」の正式チラシ発表です。


と言う事で、3月半ばにお知らせしていた行田のお話。
持って行くのはワークショップお約束、木のくるま。
a0143814_11413717.jpg
色を塗って自分だけの車を作るのよ〜
a0143814_11423798.jpg
簡単なのに本格的、革で作るがま口ワークショップ。
目玉付きや四角型もあります。
a0143814_11430851.jpg
こちらがアーツ&クラフツ牧禎舎、今年のチラシ
a0143814_11184449.jpg
ハンドメイド作品の販売やワークショップなどいろいろ!!
a0143814_11190311.jpg
木のくるまの紹介写真も載せて頂いてます。


「ぎょうだ」と言われてもすぐに思い浮かば・・・ごめんなさい(;´∀`)
歴史ある街並みはとても味があります!


と言う事で、木工部を中心に革や紙を考えている管理人なのでした。


さて、実は来週からちょっと遠出。
その報告は次回から。乞うご期待!(^^ゞ


by FHMO-DESIGNS | 2019-04-03 12:02 | 出展関係 | Comments(0)

次は「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」

出店つながりで言うと4月21,22日に埼玉県行田市に行きます。


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


こちらは今回のチラシ いろいろ出店。
a0143814_10533645.jpg

「行田」と言う名前はなんとなく聞いた事があるような気がするのですが・・・
実際には、まったく知らない街。


そこでいろいろ調べてみました。
全体の地図で「行田市駅」はこちらで、
a0143814_11094129.jpg
街の中に入るとこちら。
a0143814_11095009.jpg
「牧禎舎(まきていしゃ)が今回の会場。
〒361-0077 埼玉県行田市忍1-4-11
写真入りの地図もありました。
a0143814_11002627.jpg
HPの説明によると、

もともと「足袋とくらしの博物館」の前身である「牧禎商店」が昭和15年の創業時に建設した木造2階建ての事務所兼住宅と工場。落ち着いた佇まいの住宅建築で、原形を良く留めています。
一日から借りられるレンタルスペース、中長期的に利用出来るアーティストシェア工房があり、藍染体験工房が併設。江戸時代から大正時代にかけて盛んだった行田の藍染めを気軽に楽しめる施設となっています。
HPはこちら

こちらでもワークショップを行います。

お近くの方はぜひお越しください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

by FHMO-DESIGNS | 2019-03-21 11:25 | 出展関係 | Comments(0)

寺フェス終了

はじめて参加の寺フェスは無事終了しました。


こんにちは
FHMO-DESIGNS(えふえっちえむおーでざいんず)のmokaです。


その様子をご紹介。


こちらは木工部の新作、口を開けたワニ。
何かを狙ってるとか、口の中を鳥に掃除してもらってる?な開き方。
a0143814_18002184.jpg
定番のティラノとトリケラもいます。
a0143814_18003797.jpg
革のワークショップも色見本の看板を作り直しました。
a0143814_18103541.jpg
ひさびさのカエルと栞も登場。栞は和なイメージで良い?
a0143814_18040840.jpg
さてさて、周りの事を言うと、これは朝の境内。
a0143814_17301342.jpg
みんなで準備中。天気が良いのは日曜の朝だから。
a0143814_17490666.jpg
管理人は「祥雲寺」をまったく知らないので、今さらですが調べてみると、
祥雲寺は、寥堂秀廓和尚(永禄3年1560年寂)が開山となり大永6年(1526)に開山、江戸期には、幕府より寺領15石の御朱印状を拝領していた他、最乗寺の輪番を勤める

とかとか、とても立派な由緒あるところでした。
公式HPはこちら→



通勤圏内で注目されている町田市にこの規模のお寺様があるのはびっくり。
a0143814_17302706.jpg
これは少し上の踏切から見た本堂と墓地。
そしてこれは道路側から見上げた所
a0143814_17295572.jpg
普通に住宅街の中に墓地があるのにはびっくり。しかも結構な規模。
a0143814_17303826.jpg
ナビで探しながら道路を曲がった途端に見えたお墓の風景は驚きでした。
朝だから道が見えて問題無いですが、街灯がほとんど無いこの道に夜出たら普通にビビる。
a0143814_17523358.jpg
管理人はこの道を朝抜けて来ました。
ナビが案内するって事は公道?わからない・・・(^_^;)


そして、肝心のフェスそのものは、ちょっぴり・・・
a0143814_12342376.jpg
土曜日は朝から寒く、日曜日は天気は良いけれどなぜか人出が・・・


主催のご住職も最後の挨拶で「もっと来るんです・・・」と言うほど。

ご住職以下ボランティアで手伝う学生さんや関係者のみなさま。
とてもがんばっていらっしゃいました。

地域イベントの定着には時間がかかります。


出来る所はお手伝いと思う管理人でした。
みんながんばって〜


by FHMO-DESIGNS | 2019-03-18 18:28 | 出展関係 | Comments(0)